金融商品取引の法律

金融商品取引関連の法律

金融商品取引の法律の必要性

金融商品と言われる現金取引や株や債券、預金などに於いてはその取引方法が法律によって厳しく規制されています。そのためこれらの商品をとり扱う場合には認可を受けて行う必要が有ります。その理由は金融商品取引に於いては非常に利害が大きく、また利息などの問題により人の生活に大きな影響を与えるためです。厳密な制限や規制する仕組みが無いと、無秩序な取引などが蔓延し結果として破産などの問題だけでなく、経済流通や商業活動に於いても大きな影響を及ぼします。この法律は経済を安定させ秩序ある商取引を行う為に非常に重要なものとなっています。

金融商品取引について考える

金融商品取引業とは、有価証券や投資物件の売買などを業として行う者のことです。このことは金融相取引法という法律で規定されています。この法律は業者に対する重要な内容を定め、取引の公正化や流通の円滑化、市場の活性化、投資家の保護などを目的としています。お金に関する商品を扱う業界は、時として不正や不当な取引を誘発し反社会的組織の介入を許してしまう危険性があります。このようなことを防止するためには、このような法令を定め、改正を繰り返しながら安全で安心した投資の実現する必要があります。日本経済を活性化させるためには法整備が重要です。

↑PAGE TOP